東京武陽会のみなさん

泉 一也(79陽会)

こんにちは、79陽会の泉一也と申します。
2002年の1月に東京に出てきて、すでに7年がたちました。
まさか東京で働くとは思っていませんでした。
人と組織を活性化する仕事(コーチング)が私の夢でその夢の実現のために、上京してきました。 当初は「夢の仕事で ああ 暮らせるならば つらくはないわ この東京砂漠」という気持ちでした(笑) ご縁があって、東京武陽会に参加させていただくことになり、その後、諸先輩方に応援をいただき、 現在ではウィルビジョンhttp://www.willvision.jp/という会社を起業しました。
山あり谷ありですが、顧客企業を元気にする仕事が実現でき毎日が充実しています。
高校時代の思い出といえば、水泳部と男子クラスです。
水泳部では主将をさせてもらい、部を運営し、後輩のコーチングをするという今の仕事に繋がる原点を学ばせてもらうことができました。
水泳部は個性的な先輩、同期、後輩に恵まれて、自由でアットホームな雰囲気の中で、仲間と泳ぎを磨き合うことができました。
5月から泳ぎ始めていましたが、寒中水泳のようで足を何度もつっていた記憶が鮮明に残っています。
また高校2年と3年は理系だったこともあり、男子クラスでした。
男臭いクラスでしたが、団結力はすごく、体育祭、文化祭ではみんなではじけた記憶があります。
2008年の夏には、男子クラスを2年間担任をしていただいた富樫先生と再会することができました。
それも、富樫先生が生徒で私が先生という逆の立場です。
神戸の校長先生の集まりで講演をさせていただいたのです。この恩師の先生の前で講演をさせていただく最高の機会をいただいたのも、実は東京武陽会の総会にて出会った坂田正人校長先生が後押しをしていただいたからです。
出会いの場、成長の場を卒業しても作ってくれた東京武陽会に感謝です。
今度は、私が後輩にお返しをする番だと思い、 スノーボーダーの北村綾香さん(84陽会)のコーチングをしています。
彼女は、2010年バンクーバーオリンピックに出場を夢見ています。少しでも彼女の夢の実現に役にたてればと思っています。
私だけでなく、東京武陽会の皆さんと一緒に彼女を応援し、共に夢の実現で喜びを共有できれば最高です。

平成20年11月1日